なぜ若い女が良いのか

男は若い女が好きだ。これが定説とされているが、なぜ男は若い女を好むのだろうか。理由はどうも生物学に通じるようだ。

男は自分の遺伝子をより多く残すことを使命としている生物であるから、自分の遺伝子をより多く残せる=妊娠することができる若い女を求める傾向にある。

なるほどそうだ。50歳を過ぎてもキレイな女性は多くいるが、それよりも20代の様子普通の女の方がより性的に魅力的に男は思いがちだ。(実際はそんなこともないのだが)

例えば35歳の女性と25歳の女性では、自分の子供を残すのに人数に差が出る。見た目だとかそういうビジュアル面で100%後者を選んでいるように思うが、実は単純に子孫を残すための選択をしているのかもしれない。

そう思えば、若い女に目がいきがちな男の習性を女はもっとおおらかに見てよいのかもしれない。自分たちがその対象であった年代もあったのだし、現在その対象の年代もいずれはその対象から外れる。

そうやって女も自分の遺伝子を残してきたし、何代もの強い遺伝子をもったご先祖様が残したものがあなたなのだ。

江戸時代や昭和の初期は10代後半で子供を授かる女性も多かったという。それも、生き残るのが大変な時代だからこそ、沢山の遺伝子を残そうとする知恵のように思えるのだ。ワクワクメール